器具・ものの名前パート3 Name of instruments part 3

歯科医院 dental office で患者さんが身につけるもの、ドクターが身につけるもの、そしてスタッフが身につけるものがあります。それらを英語で何と言うかを今回はご紹介します。

患者さん (patients)が身につけるもの:

Patient bib: 患者さん用の使い捨てエプロン

Bib clip: エプロンを付けるクリップ

Screen shot 2014-05-05 at 6.12.08 PM

Bib は通常、赤ちゃんの「よだれかけ」のことです。Bibとそのまま使ってもいいですが、使い分けるために患者さん用は

“patient bib” と言います。

ドクター(doctors)が身につけるもの:

白衣: White coat OR doctor’s coat OR lab coat

と言います。

今は白衣は必ずしも「白」ではないですが、それでも white coat と言います。

Lab coat は実験室で使ったりもするので、おそらくそのような名前になったと思います。

アメリカでは感染コントロールの面から、ドクター、歯科衛生士さん、アシスタントは治療中、腕全体をも完全に覆うような gown または coatを着る義務があります。

歯科衛生士さん、アシスタント、ドクター(dental hygienists, assistants, doctors)が身につけるもの:

Scrubs: スクラブ

日本語ではスクラブと言いますが、英語では語尾に必ず “s” を付けるので、scrubs と言います。

Scrubsの上には、ドクターは必ず白衣かオペ用のガウン(アメリカでは使い捨てのガウンdisposable gownを着用することが多いです)を着て、体全体をカバーします。

歯科衛生士さんやアシスタントはscrubs の上にscrubsと同じ生地でできたscrub cardigan もしくはcardigan scrub、あるいはロングTシャツをscrubs の下に着ます。ドクターと同じで、腕も完全に覆わなくてはなりません。

Safety goggles: ゴーグル

アメリカではマスク以外に、目の保護もしなくてはいけません。

ドクターはloupes もしくは magnifying loupes (ルーペ もしくは 拡大鏡)を付けたりしますが、歯科衛生さんやアシスタントは透明のゴーグルをつけなくてはなりません。

日本人の患者さんは目をつぶっている方が大多数ですが、患者さんは目を開けても、つぶっていても、ゴーグルをつけてもらいます。そのとき、

Doctor, dental hygienist, or assitant:

“Please wear these goggles just in case something gets in your eyes.”

ドクター、歯科衛生士、もしくはアシスタント:

「目の保護のために、念のため、ゴーグルをかけてください。」

アメリカではタオルで患者さんの目は覆いません。目を開けたときに、いつでも見える状態にしなくてはなりません。

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s