カタカナの歯科用語は英語では通じない!? Japanese-English dental terminologies don’t make sense in English!?

私たちが日常使うカタカナの歯科用語は、必ずしも英語で通じるとは限りません。例えば、

コンポジットレジンは日本語では「レジン」、とか「CR」と言いますが、英語では、

“Composite” としか言いません。

“CR” というと、ほとんどのアメリカの先生方は  “centric relation” 「中心位」を思い浮かべると思います。

ご存知のように、composite resin が正式名称ですが、略して、”composite” と言います。

患者さんには、”composite” よりも、「白いつめもの」という意味で、”white filling” と便宜上言う事が多いです。

Doctor:  “You have a cavity.  We will use a white filling material to restore it.”

ドクター:「虫歯があります。白いつめもので治療します。」

次に、クラウンのセメント合着をするときに「クラウンをセットする」と言うと思いますが、英語では “set the crown” とは言いません。

“Crown cementation” とか、”cement the/your crown” と言います。

E.g.  Doctor or assistant:  “Today, we are going to cement your crown.”

ドクターかアシスタント:「今日は、クラウンをつけます(セメントします)。」

また、テンポラリークラウンを日本語では「テック」(TeK)と言ったりしますが、この略語はアメリカではドクター、衛生士さん、アシスタントにも、通じません。歯科関係の間で話すときは “provisional” とか “provisional restorations” と言います。患者さんには”temporary crown” と言った方が通じます。

Doctor:  “How was your temporary crown?  Was it comfortable?  Were you able to eat okay?”

ドクター:「仮歯はいかがでしたか。普通に食べられましたか。」

最後に、そのprovisional (temporary crown) を作成するための「即時重合レジン」を英語では、

“Methyl metacrilate” と言う表現をします。つまり、材料名をそのまま使います。あと、もう1つの言い方は、

“Cold cure resin” と言う表現で、モノマーとポリマーを混ぜるもの総称していいます。

E.g.  Doctor:  “I used methyl metacrilate to make the provisional restorations.”

ドクター:「即時重合レジンでプロビジョナルを作りました。」

ちなみに、先ほど言っていた composite resin はレジンでも、光重合レジンですから、”light cure resin” と言います。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s