小児患者の麻酔の際にかける言葉 What to say while anesthetizing pedodontic patient

小児の修復治療の際、大人と同じ英語は使いません。小児には優しい言葉をかけたり、「頑張っているね」という励ましの言葉をかけたり、大人の患者さんとは違う英語の歯科用語を使ったりします。

以前にも、小児歯科で使う英語としていくつかご紹介しましたが、今日は、小児の麻酔をするときに、英語でどのように話せばいいかをお教えします。

ドクター:「お口の中に、ムシバイキンがいて、歯に穴を作っちゃったから、今日はそれを治そうね。」

Doctor:  “The sugar bugs in your mouth made a hole in your tooth.  Let’s fix it/your tooth today.”

「虫歯の菌(ムシバイキン)」は  ”sugar bugs” (直訳すると、「砂糖の菌」と言います)と言います。

Doctor:  “I’m going to put some sleepy juice on your tooth so that the bugs will fall asleep.”

ドクター:「ムシバイキンが眠たくなるように、ジェルを塗るね。」

アメリカではジェル状の表面麻酔剤を必ず塗ります。数分待ったら、表面麻酔が効いたことを確認して、局所麻酔に入ります。

Doctor:  “Do your gums feel different?  The sugar bugs are starting to fall asleep.  Let’s make it totally asleep.”

ドクター:「歯茎がジリジリしたり、変な感じする?ムシバイキンが眠たくなっているんだよ。ムシバイキンがぐっすり眠るようにしましょう。」

局麻を打つ前の言葉です:

Doctor:  “I’m going to pull your lips and you’re going to feel a little pinch.  The sugar bugs are so strong so it needs something strong to make them fall asleep.  I’m going to do this slowly so it may take some time, but the bugs are slowly going to fall asleep.”

ドクター:「先生が唇をひっぱりますよ。少しちくっとつねる感じがします。ムシバイキンは強いからもっと強いものでねむらせようね。ゆっくりやらないと、ムシバイキンはぐっすり寝ないから、早くやらないからね。」

麻酔をしている間や終わったあとは、「よく頑張っているね!」とか励ましの言葉をかける場合:

Doctor:  “Good job!” とか、”You’re doing great!”  とか、 ”Wow!” とか ”Awesome!”

とたくさんのポジティブな言葉をかけた方がいいと、されています。

それから、麻酔が効くのを待つことは、

Doctor:  “Let’s wait till you get numb.”

ドクター:「もっとジリジリするまで待とうね。」

と言えばいいと思います。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s