カリエス・う蝕の進行度を伝える:(2)初期う蝕 Explaining caries progression: Part 2–Incipient caries

カリエスがエナメル質内にとどまっている場合の初期う蝕を英語で、”incipient caries”と専門用語で言います。

患者さんに説明するときは “early tooth decay” とか、 “early cavity” と言います。

デンタルのX線写真で、まだエナメル象牙境を越えていないカリエスがあった場合、下記のように説明できます:

Doctor:  “Take a look at this x-ray/radiograph/image.  Your cavity is within the outer most layer called enamel.  This is considered an early tooth decay.”

ドクター:「このレントゲン写真をご覧ください。虫歯がエナメル質という表層の部分にとどまっています。これは初期の虫歯です。」

X線写真 はx-ray とか、radiographとか、imageと様々な表現をします。”X-ray” と言ってしまうと、確かに、X線という電磁波のことを言いますから、「写真」という表現をしたい場合、”radiograph” とか  “X-ray image” と言うのが正解です。しかし、X-ray (image)という言葉で通じます。

Patient:  “Do I need any treatment?”

患者さん:「治療は必要ですか。」

Doctor:  “We can wait and watch this, and re-evalute it every 6 months.  Radiographs should be taken every year to check the progression of the early decay.  In the meantime,  you can use fluoride toothpaste or fluoride mouthwash so that this does not progress. You don’t have to treat it right away.”

ドクター:「今すぐ治療する必要はないと思います。経過観察できます。ただ、6ヶ月ごとにチェックをした方がいいと思います。レントゲン写真は1年ごとに撮影して、進行をチェックした方がいいと思います。その間、フッ素入りの歯磨き粉もしくはフッ素入りのマウスリンスを使うことで、進行を遅めることができます。」

Patient:  “Will this early tooth decay go away?”

患者さん:「そうすれば、虫歯はなくなりますか。」

Doctor:  “The cavity may not completely go away, but the progression may stop.  That’s why I want you to use the fluoride toothpaste and fluoride mouthwash and come in for a regular checkup.”

ドクター:「虫歯はなくなるということはないかもしれませんが、進行が遅くなるか止まる場合があります。ですから、フッ素の歯磨き粉とマウスリンスを普段からお使いになり、定期的に診査する必要があります。」

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s