Monthly Archives: November 2015

カリエス・う蝕の進行度を伝える:(3)エナメル象牙境を越えたう蝕 Explaining caries progression–Part 3: Caries past DEJ

「エナメル象牙境を越えたカリエス・う蝕」は専門用語ですが、英語で、”caries past DEJ” と言います。

DEJ は ”dentin-enamel  junction” の略です。

Dentin-enamel と「ダッシュ(ー)」が、dentin と enamel  の間に付ける理由がその2つの言葉が1つとして考えたいときに、英語ではこのようにダッシュを付けます。これは英語の基本的なルールなので覚えておくといいと思います。

さて、デンタルを患者さんにお見せしながら説明したい場合、どのように言えばいいのでしょうか。

Doctor:  “Do you see this black spot or hole-like image from the outer surface of the tooth past this junction? ”

ドクター:「このレントゲン写真で、黒っぽい穴みたいなものが歯の表層の部分から、もう少し色が白っぽくない層に通じているのがわかりますか。」

Doctor:  “When the decay extends to the 2nd layer of the tooth, dentin, we need to treat to your cavity.”

ドクター:「虫歯がこの2層目である象牙質を越えた場合、虫歯の治療をしなくてはなりません。」

Patient:  “Is this going to hurt?”

患者さん:「治療は痛みますか。」

Doctor:  “I will make you numb so you won’t feel pain during the procedure.”

ドクター:「麻酔をしますから、治療中は痛みは感じませんよ。」

以前にも「麻酔をする」という英語の表現を説明しましたが、”make you numb” と言います。

“Numb”の発音は “b” は静かになるので、カタカナで表現すると「ナム」といった感じです。

ドクター:「治療はコンポジットレジンと言って、白い詰め物をします。」

Doctor:  “I’m going to treat it with a composite resin which is a white filling.”

日本語では「レジン」とだけ言いますが、アメリカではコンポジットレジンの話をする場合、「コンポジット」とだけ言います。ですから、アシスタントに、

ドクター:「コンポジットレジンの準備をして下さい。」

と言うときは、

Doctor:  “Can you prepare for a composite?”

と言います。

カリエス・う蝕の進行度を伝える:(2)初期う蝕 Explaining caries progression: Part 2–Incipient caries

カリエスがエナメル質内にとどまっている場合の初期う蝕を英語で、”incipient caries”と専門用語で言います。

患者さんに説明するときは “early tooth decay” とか、 “early cavity” と言います。

デンタルのX線写真で、まだエナメル象牙境を越えていないカリエスがあった場合、下記のように説明できます:

Doctor:  “Take a look at this x-ray/radiograph/image.  Your cavity is within the outer most layer called enamel.  This is considered an early tooth decay.”

ドクター:「このレントゲン写真をご覧ください。虫歯がエナメル質という表層の部分にとどまっています。これは初期の虫歯です。」

X線写真 はx-ray とか、radiographとか、imageと様々な表現をします。”X-ray” と言ってしまうと、確かに、X線という電磁波のことを言いますから、「写真」という表現をしたい場合、”radiograph” とか  “X-ray image” と言うのが正解です。しかし、X-ray (image)という言葉で通じます。

Patient:  “Do I need any treatment?”

患者さん:「治療は必要ですか。」

Doctor:  “We can wait and watch this, and re-evalute it every 6 months.  Radiographs should be taken every year to check the progression of the early decay.  In the meantime,  you can use fluoride toothpaste or fluoride mouthwash so that this does not progress. You don’t have to treat it right away.”

ドクター:「今すぐ治療する必要はないと思います。経過観察できます。ただ、6ヶ月ごとにチェックをした方がいいと思います。レントゲン写真は1年ごとに撮影して、進行をチェックした方がいいと思います。その間、フッ素入りの歯磨き粉もしくはフッ素入りのマウスリンスを使うことで、進行を遅めることができます。」

Patient:  “Will this early tooth decay go away?”

患者さん:「そうすれば、虫歯はなくなりますか。」

Doctor:  “The cavity may not completely go away, but the progression may stop.  That’s why I want you to use the fluoride toothpaste and fluoride mouthwash and come in for a regular checkup.”

ドクター:「虫歯はなくなるということはないかもしれませんが、進行が遅くなるか止まる場合があります。ですから、フッ素の歯磨き粉とマウスリンスを普段からお使いになり、定期的に診査する必要があります。」

カリエス・う蝕の進行度を伝える :(1)脱灰 Explaining caries progression: Part 1–Demineralization

カリエスには:

(1)脱灰

(2)エナメル質内のカリエス

(3)エナメルー象牙境を越えたカリエス

(4)歯髄が露出がしていて、歯髄炎にまで波及している場合の重度のカリエス

というように、進行度を患者さんに説明することは日常的に行います。それを英語でどのように表現すればいいのでしょうか。上記を4回のパートに分けて説明します。

(1)脱灰の場合

脱灰は英語で、”demineralization” と言います。

Doctor:  “You have a cavity, but fortunately, it’s at an early stage.”

ドクター:「虫歯がありますが、幸いに、まだ初期の段階です。」

Doctor:  “Do you see this white frosty area on your tooth surface?  This is called demineralization.  This happens  when the content of minerals in your teeth have decreased.”

ドクター:「歯の表面に真っ白になっているところがあるますね? これは「脱灰」とというものです。歯のミネラルの量が少なくなっている証拠です。」

Patient:  “What does this do?  Will this color go back to its original tooth color?”

患者さん:「これはどうなるのですか。この色は元に戻りますか。」

Doctor:  “Once it’s frosty like this, it will stay like this or it could get worse.  If it gets worse, you could get a cavity, especially if nothing is done.  You may see a yellowish opening on your tooth surface which would need treatment.”

ドクター:「色が真っ白になった場合、このまま真っ白な状態になったままかひどくなって、虫歯になります。何もしなければ、黄色っぽい穴が歯の表面にできて、治療が必要です。」

Patient:  “Is there anything I can do?  What would you recommend?”

患者さん:「何かできることはありませんか。何をおすすめしますか。どうしたらいいですか。」

Doctor:  “When it’s still frosty, you can use toothpaste with fluoride so that the area mineralizes. Mineralization means that the fluoride goes on the tooth surface, creates a coating, and the teeth get stronger.  This is because the minerals from the fluoride protect the surface.  Also, cutting down on drinks with lots of sugar like soda and juice will help.”

ドクター:「歯の表面が真っ白の場合、フッ素入りの歯磨き粉の使用をおすすめします。そうすることによって、歯の表面がフッ素でコーティングされて、フッ素のミネラルによって歯が強くなります。あと、糖分の多い飲み物やジュースは控えた方がいいですね。」

Patient:  “Can I use regular toothpaste with fluoride?”

患者さん:「フッ素が入っている市販の歯磨き粉を使えばいいのですか。」

Doctor:  “I will prescribe you a toothpaste with higher concentration of fluoride today.  Please use that until your next check-up and clean-up appointment.  I will re-evaluate at your next check-up and clean-up appointment if you should continue using that or change to an over-the-counter toothpaste with fluoride.  We may even have to treat those areas, if it gets worse.”

ドクター:「フッ素がある程度高い濃度で入っている歯磨き粉の処方箋を今日、出します。次回の診査とメインテナンスのアポイントの時に、また再度チェックさせて下さい。その時の状態によって、処方箋レベルの歯磨き粉を使い続けて頂くか、市販のフッ素入り歯磨き粉に変更するか決めます。もしも虫歯になってしまったら、治療する必要があります。」

Patient:  “Okay.  I will try my best.”

患者さん:「わかりました。頑張ってみます。」