スケーリング・ルートプレーニング時にかける言葉 What to say during scaling/root planing & prophy

スケーリング・ルートプレーニングでも、ポケットが3mm以内のoral prophylaxis (prophy)でも、 歯面にスケーラーをあて、プラークや歯石を除去する必要があります。その時に、英語で何と言って説明すればいいでしょうか。

まず、歯科衛生士のことをご存知のように、dental hygienist と言いますが、発音はハイジニスト、つまり「ジ」ではなく、ハイジェニスト、つまり「ジェ」になります。

ドクターか歯科衛生士:「歯の表面の歯垢や歯石を、器具を使って除去します。」

Doctor or dental hygienist:  “I’m going to remove your plaque and tartar on your tooth surface with a dental instrument or tool.”

歯垢やプラークは英語で “plaque” と言います。歯石は専門用語では “calculus”と言いますが、一般的で、通じる用語では”tartar”と言います。発音はタルタルソースのタルタルではなく、「ターター」と言います。

器具は専門用語ではdental instrument と言いますが、患者さんがよく私たち歯科医療従事者に使う言葉として、dental toolと言います。分かりやすいように、dental toolと患者さんに言ってもいいです。

ドクターか歯科衛生士:「その時、歯の表面を削ったり、している訳ではありません。歯の表面をきれいにし、ツルツルにし、スムーズにしています。」

Doctor or dental hygienist:  “I am not removing any tooth structure when I am cleaning your teeth.  I am just making the tooth surface smooth.”

「歯垢や歯石を除去」だと直接的な表現なので、患者さんにはよく”clean your teeth”と、「歯のお掃除をする」という表現をよく使います。

ドクターか歯科衛生士:「歯垢や歯石を除去する時に、音がカリカリしますからね。」

Doctor or dental hygienist:  “You will hear some scraping sound when I am cleaning your teeth, okay?”

歯の表面をカリカリと削るとかこするという動詞は英語で ”scrape” と言います。なので、それから発する音は “scraping sound” でいいと思います。

患者さんにこれから起こることを事前に話すと、患者さんも驚かないので、説明することは必須です。 It is important to explain before the procedure so that patients do not get surprised during the treatment.

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s