Category Archives: 器具やものの名前Instruments and dental supplies

歯間ブラシをすすめる Recommending interdental brushes

歯間乳頭がなくなり、いわゆる”black triangle”と言われる鼓形空隙が空いた状態になると、歯間ブラシの方が効率良く清掃できます。その際、英語どのように勧めればいいのでしょうか。

Doctor or dental hygienist:  “Do you know interdental brushes?  They are also called proxabrushes.  It looks like a Christmas tree.  They’re used to clean spaces between teeth where you have a gap.”

ドクターか歯科衛生士:「歯間ブラシをご存知ですか。クリスマスツリーのような形をしています。歯と歯の間の歯茎がなくてなってしまった空隙のところをお掃除するために使います。」

患者さんは、フロスが歯と歯の間に一番いいものだと思っていますが、もちろんそれは歯間の状態によります。

Patient:  “I thought you had to floss in between teeth.”

患者さん:「歯と歯の間はフロスが一番いいのかと思いました。」

Doctor or dental hygienist:  “It depends on how much space you have.  If your gums are full, flossing is better since the space between your gums and teeth is narrow.  If you have a bigger space, the interdental brush is more effective.”

ドクターか歯科衛生士:「歯と歯茎の間のスペースの大きさによります。スペースがなければ、フロスの方が狭いところに入るので、いいのですが、スペースが大きい場合、歯間ブラシの方が効率いいです。」

歯間ブラシにはサイズが色々があるので、適したサイズをおすすめする必要があります。

Doctor or dental hygienist:  “You have to choose the right size for your interdental brush or proxabrush because the space between your teeth varies.  Make sure it touches or brushes the sides of your teeth.  The brush shouldn’t pass through easily.  We can help you with the right size.”

ドクターもしくは歯科衛生士:「歯と歯の間の大きさは様々です。重要なことは歯と歯の間にきちんと接触することです。スーッと簡単に入るようではだめです。適したサイズはどれかは私共がお手伝いできます。

フロスをしますか?Do you floss?

最近、「フロスをする必要ない」というニュースが話題になりました。患者さんに、「歯ブラシはしますか?」という質問以外に、欧米では、必ず、「フロスをしますか?」という質問を初診時やメインテナンスの時にします。

Doctor or hygienist:  “Do you floss?”

ドクター又は歯科衛生士:「フロスをしますか?」

どのくらいの頻度で、フロスをするかを聞きたい場合、

Doctor or hygienist:  “How often do you floss?”

ドクター又は歯科衛生士:「どの頻度でフロスしますか?」

OR

Doctor or hygienist:  “Do you floss regularly?”

ドクター又は歯科衛生士:「定期的にフロスなさいますか?」

ほとんどの患者さんは、「しません。」とか「する必要性はわかっているのですが、ほとんどしません。」と返してきます。

Patient:  “No.”   OR  “I don’t floss.”  OR  “I know I need to, but I don’t.”

そこで、何故フロスをする必要性があるかを説明したい場合、英語で何と言えばいいのでしょうか。

Doctor or hygienist:  “It is impossible for the bristles to get in between your teeth since they are very tight.   The floss will remove plaque and food debris that get stuck between your teeth.”

ドクター又は歯科衛生士:「歯と歯の間はきついので、歯ブラシの先はは入りません。フロスをすることで、歯と歯の間に詰まった歯垢や食べかすを取り除くことができます。」

フロスのやり方を説明するのも重要ですが、まず、習慣づけることが重要です。まずはやりやすい前歯からスタートすることを勧めるのも一つのやり方です。

Doctor or hygienist:  “So let’s start flossing from your front teeth since that may be a little easier to start out. Don’t floss the back teeth until you get used to flossing the front teeth.  The back teeth is more difficult to get to.”

ドクター又は歯科衛生士:「それでは、まずは、前歯からフロスをし始めましょう。前歯のフロスは比較的簡単です。前歯ができるようになるまでは、奥歯はやらなくていいですよ。奥歯の方が難しいですから。」

フロスを「フロスト」と言ったりする方がいらっしゃいます。「フロスト」は英語で ”frost” は、「凍っている」とか「霜」のことを言いますので、”floss” フロスの後に ”t” はつきません。動詞で「フロスしました」でしたら、”flossed”と言い、語尾は ”d” の発音になります。

ところで、フロスは必要です!American Dental Association アメリカ歯科医師会と、American Academy of Periodontology (AAP)アメリカ歯周病学会では、フロスは隣接面や歯肉の歯垢を除去することで、カリエスや歯周病を予防したり、進行を遅めたりすることができると宣言しています。なので、患者さんに引き続き勧めるだけではなく、私たち、医療従事者自身もフロスをするようにしましょう。

Flossing is absolutely necessary!  The American Dental Association (ADA) and the American Academy of Periodontology (AAP) have stated that flossing will prevent and/or slow down the progression of caries and periodontal disease.  So let’s teach the importance of flossing to our patients, and we as health professionals should not forget to floss too!

「電動歯ブラシと普通の歯ブラシ、どちらがいいですか?」Which is better, electric toothbrush or regular toothbrush?

患者さんによく、「電動歯ブラシと普通の歯ブラシ、どちらがいいですか。」という質問は人種や文化に関係なく、よく聞かれる質問です。

この質問を英語でされた場合、どのように答えますか。

Patient:  “Which is better, electric toothbrush or regular toothbrush?”

or

Patient:  “Which do you recommend, electric toothbrush or regular toothbrush?”

Recommend は「おすすめする」という意味なので、”better”という言葉ではなく、「先生のおすすめするのはどちらですか?」という意味で、”which do you recommen?” という表現はよく使います。

Doctor or hygienist:  “Electric toothbrushes are easier to use.  You just have to place it at an angle at the gum line, move it along your arch, and it’ll do the work.”

ドクターもしくは歯科衛生士:「電動歯ブラシの方が使い方が簡単かもしれません。歯ブラシを歯と歯茎のラインに角度を付けて当て、それぞれに歯にのせれば、あとは自動的に仕事をしてくれます。」

Doctor or hygienist:  “Another good thing is it has a timer so it’ll tell you how long you are supposed to brush.”

ドクターもしくは歯科衛生士:「もう1つの長所は、タイマーが付いていますから、歯磨きの時間を管理してくれます。」

Patient:  “How often should I change my toothbrush?”

患者さん:「歯ブラシはいつ新しいものに交換したらいいですか。」

Doctor or hygienist:  “Every 3 months.  If the bristles widens earlier than that, you are brushing with too much pressure.”

ドクターまたは歯科衛生士:「3ヶ月ごとです。もしも毛先がそれよりも早い場合、ブラッシングが強すぎます。」

Patient:  “What are the advantages of regular/manual toothbrush?”

患者さん:「普通の、マニュアルの歯ブラシの良さは何ですか。」

普通の歯ブラシのことを “regular toothbrush” と言ったり、車でもクラッチ式の車をマニュアル車というように、自分の手で動かす歯ブラシを “manual toothbrush” と言います。

Doctor or hygienist:  “Well, it’s not that expensive, and it’s easy to carry around.  If you have the correct and proper toothbrushing technique and if you spend at least 2 minutes for brushing, you can still remove plaque efficiently.  That’s what studies show.  But it’s just more work.”

ドクターもしくは歯科衛生士:「値段がお手ごろですし、携帯するには便利です。正しいブラッシング方法と最低でも2分かけてお口全体を磨いていれば、プラーク(歯垢)は効率よく除去することは研究や論文でも証明されています。ただ、きちんとずっと歯ブラシに仕事をさせるのは、患者さん次第です。」

Recommending orthodontics 矯正を勧める

矯正を患者さんに勧める場合、英語で何と言えばいいのでしょうか。

矯正は専門用語では、”orthodontics (略してortho)” と言いますが、一般的には “braces” という言葉が通じます。

Doctor:  “Have you thought about getting braces (またはorthodontics)?”

ドクター:「矯正を考えたことありますか。」

Doctor:  “I recommend you getting braces (orthodontics).”

ドクター:「矯正をされることをお勧めします。」

何故、矯正が必要かという説明もしないといけません。

Doctor:  “Your teeth are crowded so they should be straightened.  This will not only give you a more beautiful smile, but it will make it easier for you to clean.  It can help prevent cavities and gum disease.”

ドクター:「歯が入り組んで生えているので、まっすぐにした方が、歯並びがきれいになりますし、磨きやすくもなります。その結果、虫歯予防や歯周病予防の手助けになります。」

矯正の種類も最近は色々とありますので、通常のステンレスのブラケットから、セラミックのブラケット、そしてインビザラインのご紹介もします。

Doctor:  “In the past, you could only have stainless steel brackets,  but you may be able to get the ceramic brackets.  They don’t show as much so that’s an advantage.  There is also a new system called the Invisalign where you don’t have to put on any brackets.  You have to wear a tray to move your teeth.  There are certain cases which Invisalign could be done, so I recommend you to discuss those details with your orthodontist.”

ドクター:「以前は、ステンレスのブラケットをつけるしかなかったのですが、今はセラミック製のものがあります。ステンレスほどは目立ちません。あと、新しく ”インビザライン” と言って、ブラケットを付けることなく、トレーをはめたままで歯を動かす方法があります。でもそれはできる症例とできない症例があるので、矯正の専門医の先生によくご相談された方がいいと思います。」

最後に、矯正で使われそうな英語を列記します。

「ブラケットがほっぺたにぶつかる」”bracket gets caught on my cheek”

「リテーナーをつける」”wear your retainer”

「ブラケットがとれる」”bracket came off”

「ワイヤーを替えたばかりで痛い」”my wires got exchanged so it hurts”

「歯が動いている」”my teeth are moving”

 

歯科で使われる英語の略語(3)Abbreviations used in dentistry part 3

歯科医院内で歯科衛生士さん、アシスタントさん、もしくは、歯科医師同士で使う略語はまだまだあります。

Lido (発音:ライド): リドカイン

Epi  (発音:エピ): エピネフィリン

Crown prep  (発音:クラウン・プレップ): 支台歯形成

O.S. (発音:O-Sとそのまま読みます):  口腔外科(Oral Surgery の頭文字をただ単にとりました)

Ext.   (発音:E-X-Tとそのまま読みます): 抜歯 (Extractionの最初の3文字をとりました)

FRS (発音:F-R-Sとそのまま読みます): ノンメタルクラスプデンチャーのことです。英語ではFRS と言います。”Flexible Resin System”の頭文字をとってFRS denture とか、FRSと言ったりします。

I & D (発音:I and D とそのまま読みます):切開 Incision・排膿 Drainage のことです。

2 x 2 (発音:two by two とそのまま読みます):  抜歯などで使う2インチx2インチのガーゼのことです。日本語のように「ガーゼ」と言っても通じますが、基本的に ”two by two” と言い方の方が普通です。

小児歯科で使う子供にわかる歯科用語 Simple dental terminologies used in pediatric dentistry

小児の歯科治療をするときに、子供たちにわかる言葉を使い、治療に協力してもらう必要があります。英語でも、子供たちにわかる用語を使います。例えば:

「虫歯」は ”sugar bugs” と言います。

Doctor:  “Let’s get rid of  the sugar bugs!” とか ”We are going to clean the bugs off of your teeth.”

ドクター:「虫歯をやっつけよう!」または「虫歯をとりましょう。」

と言います。

X線写真をとるときも、

ドクターまたはアシスタント:「歯のお写真をとろうね。」は、

Doctor or assistant:  “Let’s take pictures of your teeth.” と言います。

歯・カリエスを探針でチェックしたり、歯の本数を数えるときは、

Doctor:  “I’m going to count your teeth with a tooth counter.”

と言って、探針のことを ”tooth counter” というやさしい言葉を使います。

麻酔は、”sleepy juice” という表現をします。

Doctor:  “I’m going to put some sleepy juice.” や ”I’m going to put the tooth to sleep.”

ドクター:「歯を眠らせるお薬を入れるね。」

と言ったりします。

歯をエアータービンで削るときは、”shower” と表現します。

エアータービンを使うとき、バキュームを使いますが、バキュームは「掃除機」という言葉を使って、

Doctor or assistant:  “This is like a vacuum cleaner.”

ドクターまたはアシスタント:「これはお口のための掃除機よ!」と言います。

スリーウェイシリンジ (3-way syringe) は ”whistle” (ホイッスル)と言います。

フッ素塗布をする場合、

Doctor or dental hygienist or assistant:  “Let’s put some tooth vitamins.”

ドクターまたは歯科衛生士またはアシスタント: 「歯のビタミンをつけようね。」

と言います。

最後に、乳歯を抜歯するときに、

Doctor or assistant:  “I’m going to wiggle your tooth.”

ドクターまたはアシスタント: 「歯がグラグラするからね。」と言います。

“Wiggle” はぐらぐらするという意味からこのような表現をします。

器具・ものの名前パート3 Name of instruments part 3

歯科医院 dental office で患者さんが身につけるもの、ドクターが身につけるもの、そしてスタッフが身につけるものがあります。それらを英語で何と言うかを今回はご紹介します。

患者さん (patients)が身につけるもの:

Patient bib: 患者さん用の使い捨てエプロン

Bib clip: エプロンを付けるクリップ

Screen shot 2014-05-05 at 6.12.08 PM

Bib は通常、赤ちゃんの「よだれかけ」のことです。Bibとそのまま使ってもいいですが、使い分けるために患者さん用は

“patient bib” と言います。

ドクター(doctors)が身につけるもの:

白衣: White coat OR doctor’s coat OR lab coat

と言います。

今は白衣は必ずしも「白」ではないですが、それでも white coat と言います。

Lab coat は実験室で使ったりもするので、おそらくそのような名前になったと思います。

アメリカでは感染コントロールの面から、ドクター、歯科衛生士さん、アシスタントは治療中、腕全体をも完全に覆うような gown または coatを着る義務があります。

歯科衛生士さん、アシスタント、ドクター(dental hygienists, assistants, doctors)が身につけるもの:

Scrubs: スクラブ

日本語ではスクラブと言いますが、英語では語尾に必ず “s” を付けるので、scrubs と言います。

Scrubsの上には、ドクターは必ず白衣かオペ用のガウン(アメリカでは使い捨てのガウンdisposable gownを着用することが多いです)を着て、体全体をカバーします。

歯科衛生士さんやアシスタントはscrubs の上にscrubsと同じ生地でできたscrub cardigan もしくはcardigan scrub、あるいはロングTシャツをscrubs の下に着ます。ドクターと同じで、腕も完全に覆わなくてはなりません。

Safety goggles: ゴーグル

アメリカではマスク以外に、目の保護もしなくてはいけません。

ドクターはloupes もしくは magnifying loupes (ルーペ もしくは 拡大鏡)を付けたりしますが、歯科衛生さんやアシスタントは透明のゴーグルをつけなくてはなりません。

日本人の患者さんは目をつぶっている方が大多数ですが、患者さんは目を開けても、つぶっていても、ゴーグルをつけてもらいます。そのとき、

Doctor, dental hygienist, or assitant:

“Please wear these goggles just in case something gets in your eyes.”

ドクター、歯科衛生士、もしくはアシスタント:

「目の保護のために、念のため、ゴーグルをかけてください。」

アメリカではタオルで患者さんの目は覆いません。目を開けたときに、いつでも見える状態にしなくてはなりません。