Category Archives: 治療内容に関する英語 Explanation of treatment

インプラント埋入(1次)オペ中にかける言葉 What to say during implant surgery

インプラントの埋入オペ(1次オペ)中にかける言葉は基本的に、抜歯などの外科処置にかける言葉と同じです。まずは、処置と麻酔をする前に患者さんに質問があるかを尋ねます。

Doctor or assistant:  “Do you have any questions before we get started?”

ドクターかアシスタント:「始める前に、ご質問はありますか。」

患者さんの疑問や不安はない状態でオペに入りたいので、この質問は頻繁にします。

始める前にお手洗いに行きたいかどうかも聞くといいかもしれません。

Doctor or assistant:  “Do you need to use the restroom before we get started?”

質問に答え終わり、トイレも済ませたら、いよいよ麻酔をします。

Doctor:  “Let’s get started.  Let me make you numb first.  I will apply some topical to make the area numb so that it will be a little more comfortable.”    OR   “To make it a little more comfortable, I will put some topical anesthetics on your gum.”

ドクター:「それでははじめに、表面麻酔をつけます。そうすることで、少し歯茎をジリジリさせて、麻痺させます。」

麻酔が終わり、麻酔が効いているかどうか確認したい場合、

Doctor:  “Do you feel any pain?  Are you numb?” (while using tip of probe or dull end of scalpel)

ドクター:  「痛くないですか。麻酔は効いていますか。」(これを行う時はプローブの先を強く押したり、メスの鈍いところを歯肉上に動かしてみます)

もしも患者さんの麻酔が効いていない場合、

Doctor:  “Let me make you more numb.  I want to make sure you don’t feel anything.”

ドクター:「もう少し麻酔を足しましょう。治療中、何も感じないようにしましょうね。」

治療中、もしも強く押したりまたはプレッシャーを感じるような行為がある場合、患者さんに押したりするが、痛みはないことを先に伝えなければいけません。

Doctor:  “You’re going to feel some pressure, but you shouldn’t feel any pain.  If you feel pain, raise your left hand up or let me know.”

ドクター:「これから押される感じがしますが、痛みは感じないはずです。しかし、痛みがプレッシャーに伴ってあれば、左手を上げるかどうにか遠慮なく知らせて下さい。」

インプラントオペのドリリングは、骨に響いたりしますので、そのこともドリリングする前に伝えます。

Doctor:  “You’re going to feel some vibration.  If this is too uncomfortable, please let me know.”

ドクター:「これから響く感じがします。あまりにも響き、不快感があれば、遠慮なくお知らせ下さい。」

治療途中で、患者さんの様子を伺うことは大事です。これはシンプルに:

Doctor or assistant:  “Are you okay?” OR “Is everything okay?”

ドクターかアシスタント:「大丈夫ですか。」または「痛くないですか。」

と英語では何度も聞きます。

途中で、お口を閉じたり、休憩をした方がいいか尋ねたい場合:

Doctor or assistant:  “Are you okay?  Do you want to close your mouth?  Do you need to rest?”

ドクターかアシスタント:「大丈夫ですか。お口を閉じたいですか。休憩が必要ですか。」

診察室の中は寒くなったりしますので、患者さんが寒くないかどうかも聞くのもいいかもしれません。もしもプランケットなどが準備されてある医院ならば、必要かどうか聞いてみましょう:

Doctor or assistant:  “Are you cold?  Do you want a blanket?”

そして途中で励ましの言葉もかけ、ねぎらいも必要です:

Doctor or assistant:  “You’re doing very well.”  OR  “You’re a great patient.”  OR  “Thank you for cooperating.”

ドクターかアシスタント:「ご協力ありがとうございます。」または「〜さんのおかげでうまくいっていますよ。」

歯間ブラシをすすめる Recommending interdental brushes

歯間乳頭がなくなり、いわゆる”black triangle”と言われる鼓形空隙が空いた状態になると、歯間ブラシの方が効率良く清掃できます。その際、英語どのように勧めればいいのでしょうか。

Doctor or dental hygienist:  “Do you know interdental brushes?  They are also called proxabrushes.  It looks like a Christmas tree.  They’re used to clean spaces between teeth where you have a gap.”

ドクターか歯科衛生士:「歯間ブラシをご存知ですか。クリスマスツリーのような形をしています。歯と歯の間の歯茎がなくてなってしまった空隙のところをお掃除するために使います。」

患者さんは、フロスが歯と歯の間に一番いいものだと思っていますが、もちろんそれは歯間の状態によります。

Patient:  “I thought you had to floss in between teeth.”

患者さん:「歯と歯の間はフロスが一番いいのかと思いました。」

Doctor or dental hygienist:  “It depends on how much space you have.  If your gums are full, flossing is better since the space between your gums and teeth is narrow.  If you have a bigger space, the interdental brush is more effective.”

ドクターか歯科衛生士:「歯と歯茎の間のスペースの大きさによります。スペースがなければ、フロスの方が狭いところに入るので、いいのですが、スペースが大きい場合、歯間ブラシの方が効率いいです。」

歯間ブラシにはサイズが色々があるので、適したサイズをおすすめする必要があります。

Doctor or dental hygienist:  “You have to choose the right size for your interdental brush or proxabrush because the space between your teeth varies.  Make sure it touches or brushes the sides of your teeth.  The brush shouldn’t pass through easily.  We can help you with the right size.”

ドクターもしくは歯科衛生士:「歯と歯の間の大きさは様々です。重要なことは歯と歯の間にきちんと接触することです。スーッと簡単に入るようではだめです。適したサイズはどれかは私共がお手伝いできます。

総義歯と部分床義歯を入れる、はずすを英語で何という? Wear/remove a denture or partial

総義歯は英語の専門用語では、”complete denture” と言いますが、患者さんにわかる日常的な英語では、”denture”と言います。

では、部分床義歯 は専門用語で、”removable partial denture”とか、略して “RPD” と言いますが、日常的な英語では ”partial” と言います。

もしもパーシャル(部分入れ歯)を使っている患者さんに、”your denture〜〜”と間違って”partial”の代わりに”denture”と言ってしまったら、

Patient:  “I don’t wear a denture.  I have a partial.”

患者さん:「私は総入れ歯を使っていません。部分入れ歯です。」

と訂正されてしまいます。私も患者さんがパーシャルを使っているので、”removable partial denture”で思わず”denture”とだけ言ったら、そんなことを言われました。

「入れ歯をする」とか「入れ歯を使う」とか「入れ歯を入れる」というの英語で、

“wear a denture” と言います。

「入れ歯がある」は、

“have a denture”と言います。

「入れ歯をはずす」は、

“take out a denture/partial” や  “remove denture/partial” と言います。

例えば、デンタルやパノラマ写真を撮る前に、アシスタントが「入れ歯が入っていますか。はずして下さい。」という場合、

Dental assistant:  “Are you wearing a denture/partial?  Can you take them out?”

Dental assistant:  “Do you have a denture/partial?  Can you remove your denture/partial?”

と言います。

フロスをしますか?Do you floss?

最近、「フロスをする必要ない」というニュースが話題になりました。患者さんに、「歯ブラシはしますか?」という質問以外に、欧米では、必ず、「フロスをしますか?」という質問を初診時やメインテナンスの時にします。

Doctor or hygienist:  “Do you floss?”

ドクター又は歯科衛生士:「フロスをしますか?」

どのくらいの頻度で、フロスをするかを聞きたい場合、

Doctor or hygienist:  “How often do you floss?”

ドクター又は歯科衛生士:「どの頻度でフロスしますか?」

OR

Doctor or hygienist:  “Do you floss regularly?”

ドクター又は歯科衛生士:「定期的にフロスなさいますか?」

ほとんどの患者さんは、「しません。」とか「する必要性はわかっているのですが、ほとんどしません。」と返してきます。

Patient:  “No.”   OR  “I don’t floss.”  OR  “I know I need to, but I don’t.”

そこで、何故フロスをする必要性があるかを説明したい場合、英語で何と言えばいいのでしょうか。

Doctor or hygienist:  “It is impossible for the bristles to get in between your teeth since they are very tight.   The floss will remove plaque and food debris that get stuck between your teeth.”

ドクター又は歯科衛生士:「歯と歯の間はきついので、歯ブラシの先はは入りません。フロスをすることで、歯と歯の間に詰まった歯垢や食べかすを取り除くことができます。」

フロスのやり方を説明するのも重要ですが、まず、習慣づけることが重要です。まずはやりやすい前歯からスタートすることを勧めるのも一つのやり方です。

Doctor or hygienist:  “So let’s start flossing from your front teeth since that may be a little easier to start out. Don’t floss the back teeth until you get used to flossing the front teeth.  The back teeth is more difficult to get to.”

ドクター又は歯科衛生士:「それでは、まずは、前歯からフロスをし始めましょう。前歯のフロスは比較的簡単です。前歯ができるようになるまでは、奥歯はやらなくていいですよ。奥歯の方が難しいですから。」

フロスを「フロスト」と言ったりする方がいらっしゃいます。「フロスト」は英語で ”frost” は、「凍っている」とか「霜」のことを言いますので、”floss” フロスの後に ”t” はつきません。動詞で「フロスしました」でしたら、”flossed”と言い、語尾は ”d” の発音になります。

ところで、フロスは必要です!American Dental Association アメリカ歯科医師会と、American Academy of Periodontology (AAP)アメリカ歯周病学会では、フロスは隣接面や歯肉の歯垢を除去することで、カリエスや歯周病を予防したり、進行を遅めたりすることができると宣言しています。なので、患者さんに引き続き勧めるだけではなく、私たち、医療従事者自身もフロスをするようにしましょう。

Flossing is absolutely necessary!  The American Dental Association (ADA) and the American Academy of Periodontology (AAP) have stated that flossing will prevent and/or slow down the progression of caries and periodontal disease.  So let’s teach the importance of flossing to our patients, and we as health professionals should not forget to floss too!

治療終了後にかける言葉 What to say at the end of treatment

メインテナンス、修復治療、や外科治療など、どんな歯科治療が終わったときでも、日本語ならば、「お疲れ様でした。お大事に。」などと声をかけると思います。英語でそういった表現はあると思いますか。もしくはそのような一言を帰り際におかけになりたい場合、どのように言えばいいのでしょうか。

ドクターもしくはアシスタント:「今日はこれで終わりです。お疲れ様でした。」

Doctor or assistant:  “That’s it for today.  You made it!  Good job!”

or

Doctor or assistant:  “You are done for today.   Thank you for your patience.”

「今日はこれで終わります。」は想像がつくような表現だと思いますが、「お疲れ様です。」という表現は英語にはありません。意訳すると、

「治療中、長い間、じっとして下さって、ご協力ありがとうございます。」というような意味合いになると思います。

もっと、カジュアルにいうのならば、”You made it!” 「何とか切り抜けられましたね!」とか最近、日本語でも普通に通じるようになった “good job!” でもいいと思います。この言葉は特に、子供や若い人たちに使っていいと思います。

それでは、日本語でよく使う「お大事に。」と言いたいときは何と言えばいいのでしょうか:

Doctor or assistant:  “Please take care.  Please call if you have any questions or concerns, okay?”

直訳すると、

ドクターもしくはアシスタント:「お大事に。ご質問等気になることがあったら、いつでもご連絡下さい。」

日本語では「お大事に。」という一言で気持ちが伝わりますが、欧米では、それ以外に、「気になることや質問があったら、気軽に聞いて下さい」というニュアンスも必ずつけます。そうすると、患者さんは安心します。ですので、必ずと言っていいほど、

“Please call if you have any questions or concerns.” は付け加えた方がいいと思います。

 

 

カリエス・う蝕の進行度を伝える(4):歯髄に達したう蝕 Explaining caries progression–Part 4: Caries to pulp

カリエスが歯髄に達した場合、英語で患者さんに何とお伝えしますか。これは以前、説明したかもしれませんが、復習も兼ねて、もう一度確認して下さい。

“Pulp”と言えば、歯髄だとわかる患者さんは少ないです。日本語と一緒で、「神経にまで行っている虫歯」という表現です。

Doctor:  “Your cavity is so deep that it’s now into the nerve.”

ドクター:「虫歯がとても大きので、神経にまで行ってしまいました。」

Doctor:  “You need a root canal.”

ドクター:「根管治療が必要です。」

“Root canal” は専門用語ですが、この言葉は、一般の方にも浸透しています。ですから、普通に使って大丈夫です。

ただ、”root canal”=「根管治療」とわかっていても、詳細を知らない方もいます。欧米の方はわからない場合、はっきりと「それはなんですか?」と聞いてきます。

Patient:  “So what is exactly a root canal?”

患者さん:「はっきり聞きますが、根管治療って一体何ですか。」

Doctor:  “Root canal is to remove the nerve or pulp from the inside of your tooth.  The tooth is cleaned and disinfected.  Then it is filled with a root canal material to seal that area that was cleaned. ”

ドクター:「 根管治療というのは、歯の中の神経を除去し、きれいにして、洗浄します。その後、空洞になった歯は、根管治療用の材料を使って封鎖します。」

では、もしもカリエスがとても大きくて、歯髄にとても近い場合は何と言えばいいのでしょうか。

Doctor:  “Your decay/cavity is very close to the nerve.  We will fill it today, but if you have pain, you will need to get a root canal.”

ドクター:「虫歯が神経の近くにあります。今日は、つめものにしておきますが、もしも痛みが生じたら、根管治療が必要になります。」

Doctor:  “Please call us if you have pain.”

ドクター:「痛みがあったら、ご連絡下さい。」

 

カリエス・う蝕の進行度を伝える:(3)エナメル象牙境を越えたう蝕 Explaining caries progression–Part 3: Caries past DEJ

「エナメル象牙境を越えたカリエス・う蝕」は専門用語ですが、英語で、”caries past DEJ” と言います。

DEJ は ”dentin-enamel  junction” の略です。

Dentin-enamel と「ダッシュ(ー)」が、dentin と enamel  の間に付ける理由がその2つの言葉が1つとして考えたいときに、英語ではこのようにダッシュを付けます。これは英語の基本的なルールなので覚えておくといいと思います。

さて、デンタルを患者さんにお見せしながら説明したい場合、どのように言えばいいのでしょうか。

Doctor:  “Do you see this black spot or hole-like image from the outer surface of the tooth past this junction? ”

ドクター:「このレントゲン写真で、黒っぽい穴みたいなものが歯の表層の部分から、もう少し色が白っぽくない層に通じているのがわかりますか。」

Doctor:  “When the decay extends to the 2nd layer of the tooth, dentin, we need to treat to your cavity.”

ドクター:「虫歯がこの2層目である象牙質を越えた場合、虫歯の治療をしなくてはなりません。」

Patient:  “Is this going to hurt?”

患者さん:「治療は痛みますか。」

Doctor:  “I will make you numb so you won’t feel pain during the procedure.”

ドクター:「麻酔をしますから、治療中は痛みは感じませんよ。」

以前にも「麻酔をする」という英語の表現を説明しましたが、”make you numb” と言います。

“Numb”の発音は “b” は静かになるので、カタカナで表現すると「ナム」といった感じです。

ドクター:「治療はコンポジットレジンと言って、白い詰め物をします。」

Doctor:  “I’m going to treat it with a composite resin which is a white filling.”

日本語では「レジン」とだけ言いますが、アメリカではコンポジットレジンの話をする場合、「コンポジット」とだけ言います。ですから、アシスタントに、

ドクター:「コンポジットレジンの準備をして下さい。」

と言うときは、

Doctor:  “Can you prepare for a composite?”

と言います。