Category Archives: 補綴・修復Restorative & Prosthodontics

小児患者の麻酔の際にかける言葉 What to say while anesthetizing pedodontic patient

小児の修復治療の際、大人と同じ英語は使いません。小児には優しい言葉をかけたり、「頑張っているね」という励ましの言葉をかけたり、大人の患者さんとは違う英語の歯科用語を使ったりします。

以前にも、小児歯科で使う英語としていくつかご紹介しましたが、今日は、小児の麻酔をするときに、英語でどのように話せばいいかをお教えします。

ドクター:「お口の中に、ムシバイキンがいて、歯に穴を作っちゃったから、今日はそれを治そうね。」

Doctor:  “The sugar bugs in your mouth made a hole in your tooth.  Let’s fix it/your tooth today.”

「虫歯の菌(ムシバイキン)」は  ”sugar bugs” (直訳すると、「砂糖の菌」と言います)と言います。

Doctor:  “I’m going to put some sleepy juice on your tooth so that the bugs will fall asleep.”

ドクター:「ムシバイキンが眠たくなるように、ジェルを塗るね。」

アメリカではジェル状の表面麻酔剤を必ず塗ります。数分待ったら、表面麻酔が効いたことを確認して、局所麻酔に入ります。

Doctor:  “Do your gums feel different?  The sugar bugs are starting to fall asleep.  Let’s make it totally asleep.”

ドクター:「歯茎がジリジリしたり、変な感じする?ムシバイキンが眠たくなっているんだよ。ムシバイキンがぐっすり眠るようにしましょう。」

局麻を打つ前の言葉です:

Doctor:  “I’m going to pull your lips and you’re going to feel a little pinch.  The sugar bugs are so strong so it needs something strong to make them fall asleep.  I’m going to do this slowly so it may take some time, but the bugs are slowly going to fall asleep.”

ドクター:「先生が唇をひっぱりますよ。少しちくっとつねる感じがします。ムシバイキンは強いからもっと強いものでねむらせようね。ゆっくりやらないと、ムシバイキンはぐっすり寝ないから、早くやらないからね。」

麻酔をしている間や終わったあとは、「よく頑張っているね!」とか励ましの言葉をかける場合:

Doctor:  “Good job!” とか、”You’re doing great!”  とか、 ”Wow!” とか ”Awesome!”

とたくさんのポジティブな言葉をかけた方がいいと、されています。

それから、麻酔が効くのを待つことは、

Doctor:  “Let’s wait till you get numb.”

ドクター:「もっとジリジリするまで待とうね。」

と言えばいいと思います。

印象を採る Taking an impression/mold

クラウン、インレー、やアンレーの形成が終わり、印象採得をする場合、患者さんに、

「これから型を採ります。」

と言いたい場合、簡単でわかりやすい英語で何と表現すればいいのでしょうか。

専門用語では、”take an/your impression” と言います。

「印象採得」は “impression taking” と言います。

Doctor or assistant:  “I will be taking your impression to make a crown/inlay/onlay.”

と言えばいいでしょう。

もしも「型採り」と言った表現をしたい場合、

Doctor or assistant:  “I will be taking your mold to make your new crown/inlay/onlay/filling.”

ドクターもしくはアシスタント: 「新しいクラウン(被せ物)・インレー・アンレー・詰め物を作るために、型を採らせて頂きます。」

どちらも通じますが、強いて言えば、”take a mold” の方が一般的にわかりやすいと思います。

もしも印象を2回に渡って採り、2回目を「最終印象」としたい場合、”final impression” もしくは “final mold” と表現すればいいでしょう。

Doctor or assistant:  “This will be your final impression.”

ドクターもしくはアシスタント:「これが最終印象となります。」

もしくは

Doctor or assistant:  “I will be taking your final mold today.”

ドクターもしくはアシスタント:「今日、最終の型を採ります。」

プロビジョナル・テンポラリークラウン・仮歯が入った場合の注意事項 Post-op instructions/caring for provisionals/temporary crowns 

クラウンやブリッジもしくインプラント治療におけるプロビジョナルクラウン(患者さん用語で言うと、仮歯)のケアの仕方や注意事項を英語で言う場合の説明をします。

ドクターもしくはアシスタント:「ガムやキャラメルなどくっつきやすい食べ物は食べないで下さい。」

Doctor or assistant:  “Please avoid sticky foods like gum and caramel.”

Avoid(避ける)という代わりに ”stay away from” でもいいです。

Doctor or assistant:  “Please  stay away from sticky foods like gum and caramel.”

もしくはもっと簡単に、”please don’t eat ~~~” でも構いません。

Doctor or assistant:  “Please don’t eat sticky foods like gum and caramel.”

ガムやキャラメル等の粘着力のある食べ物のことを ”sticky food” と言います。

次に、仮歯だからと言って、患者さんによってはブラッシングをわざとしない方もいると思いますが、やはりプラークがたまったり、歯肉炎を引き起こり、脱離する原因となるので、「歯ブラシはきちんとして下さい。」と言いたい場合:

Doctor or assistant:  “Please brush around the temporary crown.  We want the tooth to have as less plaque.  This will help maintain the health of your gums.  If you don’t keep it clean, your temporary tooth can fall out.”

ドクターもしくはアシスタント:「仮歯は普通に歯ブラシをして下さい。歯垢・プラークがたまってほしくありません。そうすることで、仮歯の周りの歯茎を健康的な状態に保つことができます。清潔にしておかないことで、仮歯が外れたりする場合があります。」

プロジビョナルが入っている場合でも、フロスは続けてほしいものです。その際、「上もしくは下にフロスを出すのではなく、横から通して下さい。」と特に言う必要があります。

Doctor or assistant:  “When you floss, please do not pull up or down the floss.  Please make sure you slide the floss to the side.  Please do it slowly and carefully.”

ドクターもしくはアシスタント:「フロスはしても構いませんが、上もしくは下に出すのではなく、横から出すようにして下さい。ゆっくり、そして気をつけて行って下さい。」

生活歯を形成した場合、最初の数日はしみたりすることは普通で、徐々に症状がなくなっていくことも説明しておいた方がいいでしょう。症状がひどくなった場合のことも念のため、言っておいた方がいいですね。

Doctor or assistant:  “You may have sensitivity for the first few days if you didn’t have any root canal.  It should go away in a few days.  If the sensitivity gets worse, please call and let us know.”

ドクターもしくはアシスタント:「神経がある歯を削ったので、仮歯を入れてから数日しみたりすることはあります。通常、数日で症状はおさまります。もししみたりすることがひどくなった場合、お電話を下さい。」

そして、最後に、咬合調整が必要な場合の説明もした方がいいですね。

Doctor or assistant:  “If your bite is still high after your numbness goes away, please call us.  We will adjust your bite.   It’s hard to tell when you are still numb.”

ドクターもしくはアシスタント:「麻酔が切れたあと、かみあわせが高いとお感じになったら、お電話を下さい。調整をします。麻酔が効いていると分かりにくいですよね。」

アレルギーについて聞く Asking about allergies

アレルギーについては、問診票でも、診査の時でも、口頭で聞く必要があります。どのように表現したらいいのでしょうか。

単純に「アレルギーはありますか。」と聞く場合、

Doctor or assistant:  “Do you have any allergies?”

と言います。

「お薬でアレルギー反応を示すものはありませんか。」と聞く場合、

Doctor or assistant:  “Are you allergic to any medications?”

アレルギーがなくても、何かの薬や抗生物質を飲んで、気持ち悪くなったり、胃の調子がおかしくなったりした経験があるかどうかを聞く場合、

Doctor or assistant:  “Have you had any stomach upsets with any medications or antibiotics?”

と言います。

これからの季節、「花粉症はありますか。」と特に、季節性のアレルギーがあるか否かを尋ねる場合、

Doctor or assistant:  “Do you have any seasonal allergy?”

と聞けば、「~~の花粉にアレルギーがあります。」と患者さんは答えるでしょう。

Patient:  “I’m allergic to ~~ pollen.”

と言います。

ですから、食べ物のアレルギーにしても、どんなものに対しても、アレルギーをあるかどうかを聞く場合、

Doctor or assistant:  “Are you allergic to any ~~ (food, animals, etc.)?”

というように聞けばいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科で使われる英語の略語(3)Abbreviations used in dentistry part 3

歯科医院内で歯科衛生士さん、アシスタントさん、もしくは、歯科医師同士で使う略語はまだまだあります。

Lido (発音:ライド): リドカイン

Epi  (発音:エピ): エピネフィリン

Crown prep  (発音:クラウン・プレップ): 支台歯形成

O.S. (発音:O-Sとそのまま読みます):  口腔外科(Oral Surgery の頭文字をただ単にとりました)

Ext.   (発音:E-X-Tとそのまま読みます): 抜歯 (Extractionの最初の3文字をとりました)

FRS (発音:F-R-Sとそのまま読みます): ノンメタルクラスプデンチャーのことです。英語ではFRS と言います。”Flexible Resin System”の頭文字をとってFRS denture とか、FRSと言ったりします。

I & D (発音:I and D とそのまま読みます):切開 Incision・排膿 Drainage のことです。

2 x 2 (発音:two by two とそのまま読みます):  抜歯などで使う2インチx2インチのガーゼのことです。日本語のように「ガーゼ」と言っても通じますが、基本的に ”two by two” と言い方の方が普通です。

お休み明けの会話の始め方 Conversation starter after the holidays

長いお休み(年末年始、夏休み等)が明け,患者さんが治療のため来院した場合、欧米ではいきなり治療を始めるのではなく、お休みをどう過ごしたのかといった会話をします。欧米では、この四方山話を”small talk” と言います。

Small talk が上手にできると、患者さんも気持ちが和み、気分的に落ち着きます。そして何より、ドクターやスタッフたちとの距離が縮まります。

Small talk は歯科医院だけではなく、ビジネスの世界でも、ママ友の世界でも、どんなシーンでも重要とみなされています。ちょっとした世間話ができることで、その人の人柄、趣味、考え方、ライフスタイル等がわかります。特に、歯科医療従事者にとっては患者さんとのコミュニケーションのため、非常に重要です。

Doctor or staff:  “Happy New Year!  How was your holidays?”

ドクターもしくはスタッフ:「明けましておめでとうございます。お休みはどうでしたか。」

Patient:  “We didn’t do much.  It was quiet.  Just relaxed at home.”

患者さん:「特に何もしませんでした。静かにうちでゆっくり過ごしました。」

もしも、患者さんがどこかへ行った場合はこんな言い方をするかもしれません。

Patient:  “We went to Las Vegas and did the countdown.  It was so loud, and everybody was partying.  We had a lot of fun.”

患者さん:「ラスベガスに行って、カウントダウンをしました。にぎやかで、みんな、パーティー気分でノリノリでした。楽しかったです。」

患者さんは質問に答えたあと、「先生はお正月をどう過ごしたのですか?」とか「あなたは?」と、逆に質問したりする場合が多いです。

Patient:  “How did you spend your New Year’s?”  OR    “What about you?”

と言ったりします。

そしてどのような過ごし方をしたか、お話します。

色々お話をし、そろそろ治療を始める場合、こんな感じで切り出せばいいかもしれません:

Doctor or staff:  “Well, I’m glad to hear that you had a good time.”

ドクター又はスタッフ:「楽しい時間が過ごせてよかったですね。」

Patient:  “Yes, thank you.  It’s back to reality now.”

患者さん:「はい、ありがとうございます。でも現実に戻ってしまいました。」

Doctor or staff:  “True…  Same here.  So let’s get back to work!”

ドクター又はスタッフ:「本当ですね...私もそう思います。それでは現実に戻って、始めましょうか!」

と言った感じに、当たり前のことでもちょっとした話ができるようになると親近感も湧いてきて、治療以外でのコミュニケーションがとれるようになるのが small talk です。

歯科医療従事者の皆さんがsmall talk ができるお手伝いを Speak Dental Englishはこれからもしたいと思います。2015年もよろしくお願いします。

知覚過敏の説明 Explaining sensitive teeth or hypersensitivity

「知覚過敏」には様々な原因はありますが、今回は、「知覚過敏」と診断した場合、どのように患者さんに説明するかを取り上げたいと思います。

「歯がしみる」は “sensitive teeth” と普通の言葉でいいます。

「知覚過敏」は専門用語で ”hypersensitivity” と言います。

患者さん:「歯ブラシをすると、歯がしみます。虫歯があるか診て下さい。」

Patient:  “My teeth are sensitive when I brush my teeth.  Do I have a cavity?  Can you check it?”

とか

患者さん:「冷たい水を飲むとき、歯がしみるのですが、大丈夫ですか。」

Patient:  “My teeth are sensitive when I drink very cold water.  Is there anything wrong?”

というような表現をされたりします。

その説明として、英語ではこのように表現できます。これはあくまでも1例であり、色々な言い方があります。

Doctor:  “Our tooth is made up of enamel, cementum, and dentin.  Enamel is the outer surface of the tooth.  The root surface has a layer called cementum.  Underneath the enamel and cementum, there is a surface called dentin.  When the dentin loses its protective covering because of excessive toothbrushing, cavity, gum disease, etc., it exposes the small tubes or canals.  When a toothbrush touches that area or when you drink very cold drinks, it stimulates the cells in the small tubes and causes teeth to become sensitive.”

ドクター:「歯の表面にはエナメル質という層があります。根の表面にはセメント質という層があります。象牙質という層がエナメル質とセメント質の下にあるのですが、虫歯があったり、歯周病になったり、歯ブラシの当て方が強すぎたりした場合、歯茎が後退・上がったり(上顎の場合)・下がったり(下顎の場合)します。そうすると、象牙質にある細い管が露出され、歯ブラシが当たったり、冷たい飲み物を飲むと、その細い管にある細胞を刺激して、歯がしみたりします。」

Doctor:  “I recommend you to use a toothpaste for sensitive teeth for a few weeks.  This coats the small tubes of the dentin.  If this doesn’t work, we can apply a strong concentration of fluoride.  We also can put a white filling to block that area.”

ドクター:「市販の知覚過敏の歯磨き粉があるのですが、それを数週間 使って下さい。象牙質の細い管のコーティングをしてくれます。これが効かなかったら、高濃度のフッ素を塗布します。白い詰め物で治療をする場合もあります。」

“Teeth” が含まれる英語の表現 Idioms or phrases that include “teeth”

日本語でも「歯に衣着せぬものの言い方」や「奥歯にものが挟まった言い方」など、「歯」を使った表現があるように、英語でも “teeth” を使ったような表現はあります。しかも、日常的に使う言葉で、誰でもわかる言い方があります。

Patient:  “I have a sweet tooth.  That’s why I have so many cavities.”

患者さん: 「私は甘いものが大好きです。だから虫歯が多いのだと思います。」

よく、患者さんが使う表現です。患者さんのみならず、「甘いものに目がない」、「甘いものが好き」というときに、

“~~ has/have a sweet tooth” と言います。直訳すると、「甘い歯を持つ」となるでしょうか。

もう1つは ”pulling teeth” という表現です。

Patient:   “My teenage son doesn’t tell me anything.  It’s like pulling teeth to tell me what’s going on everyday at school.”

患者さん:「ティーン(ティーンエイジャー)の息子が何も教えてくれないの。毎日学校で何が起きているかを知るのに、一苦労しているの。」

“pulling teeth” とは、何かをしてもらう為に一苦労をするといったときによく使います。例えば、情報を引き出すため大変だとか、話してもらうのが大変だとかということです。これもよく使います。

そして最後は ”lying through his/her teeth” です。

Patient:  “You he was lying through his teeth so that he doesn’t get in trouble.”

患者さん:「怒られたくないから、うそだとわかって言っていた。」

“Lying through his/her teeth” は 直訳すると、lie(うそ)は歯の間から出るということになります。「嘘だとわかって言う」という意味です。できれば、あまり使いたくない表現かもしれません。

D.D.S. とD.M.D.の違い Difference between D.D.S. and D.M.D.

アメリカは歯学部を卒業すると、「歯科医師」となります。仮に、ライセンスの試験に合格しなくても「歯科医師」であることを名乗れます(このトピックについてはまたいつか説明します)。「歯科医師」になると、D.D.S. または D.M.D.の学位がもらえます。では、その2つの違いは何でしょうか。今日はその説明をしたいと思います。

D.D.S. は Doctor of Dental Surgery の略です。

D.M.D. は Dentariae Medicinae Doctor (ラテン語) の略です。英語で言うと、Doctor of Dental Medicineです。ということは、D.M.D. はこのラテン語から由来するようです。

歯学部がアメリカにできたとき、D.D.S. という学位が一般的に与えられました。一説によると、Harvard大学に歯学部ができ(約150年前)、学位を与えるときにこの D.M.D. という学位が生まれたそうです。

Harvard大学の卒業証書はすべてラテン語が使われています。その際、D.D.S. という略語は使えなかったので、それに一番近い D.M.D. =Dentariae Medicinae Doctor (Doctor of Dental Medicine)を採用し、現在に至るようです。

アメリカには歯学部が58校ありますが、うち、36校はD.D.S.、22校は D.M.D. を使っています。基本的に東海岸にある歯学部はD.M.D.を使っていて、それ以外はD.D.S.を使っていると考えていいと思います。

ただ、新設校で、西海岸寄りにある University of Nevada Las Vegas School of Dental Medicineは D.M.D. を与えるので、一概にどこに歯学部があるかによって、学位が決まるとは言い切れなくなりました。

いずれにせよ、D.D.S.  でも D.M.D. でも、歯科医師になったことには変わりません。イギリスやオーストラリアは B.D.S.  (Bachelor of Dental Surgery)という学位を与えますので、国や場所によって名前が違うだけのようです。

小児歯科で使う子供にわかる歯科用語 Simple dental terminologies used in pediatric dentistry

小児の歯科治療をするときに、子供たちにわかる言葉を使い、治療に協力してもらう必要があります。英語でも、子供たちにわかる用語を使います。例えば:

「虫歯」は ”sugar bugs” と言います。

Doctor:  “Let’s get rid of  the sugar bugs!” とか ”We are going to clean the bugs off of your teeth.”

ドクター:「虫歯をやっつけよう!」または「虫歯をとりましょう。」

と言います。

X線写真をとるときも、

ドクターまたはアシスタント:「歯のお写真をとろうね。」は、

Doctor or assistant:  “Let’s take pictures of your teeth.” と言います。

歯・カリエスを探針でチェックしたり、歯の本数を数えるときは、

Doctor:  “I’m going to count your teeth with a tooth counter.”

と言って、探針のことを ”tooth counter” というやさしい言葉を使います。

麻酔は、”sleepy juice” という表現をします。

Doctor:  “I’m going to put some sleepy juice.” や ”I’m going to put the tooth to sleep.”

ドクター:「歯を眠らせるお薬を入れるね。」

と言ったりします。

歯をエアータービンで削るときは、”shower” と表現します。

エアータービンを使うとき、バキュームを使いますが、バキュームは「掃除機」という言葉を使って、

Doctor or assistant:  “This is like a vacuum cleaner.”

ドクターまたはアシスタント:「これはお口のための掃除機よ!」と言います。

スリーウェイシリンジ (3-way syringe) は ”whistle” (ホイッスル)と言います。

フッ素塗布をする場合、

Doctor or dental hygienist or assistant:  “Let’s put some tooth vitamins.”

ドクターまたは歯科衛生士またはアシスタント: 「歯のビタミンをつけようね。」

と言います。

最後に、乳歯を抜歯するときに、

Doctor or assistant:  “I’m going to wiggle your tooth.”

ドクターまたはアシスタント: 「歯がグラグラするからね。」と言います。

“Wiggle” はぐらぐらするという意味からこのような表現をします。